iPhoneSE購入前に! Googleフォトで容量を削減しよう

データ整理した時のメモを記事にします。撮った写真や動画の整理はGoogleフォトがオススメ。iPhoneSE購入前にぜひ!

広告
sinplicityのレグメンタル(大)

本体容量が足らなくなってきたのでデータ整理しました

iPhoneSEの容量は5sや6sにあった32GBや128GBが無く、16GBと64GBの2モデルしかありません。私は64GBを購入予定ですが、もしかしたらそれでも足りなくなる可能性が出てきました。

まず整理前の私の現在のストレージ状況。iPhone6Plusの64GBモデル

IMG_1658

54GBも使ってました。何のアプリにどれだけ容量が食われていたかは上の写真の後に一覧で出て来ます。私はこんな感じでした。

写真・動画:11.9GB
取り込んだ音楽:4.9GB
電子書籍:15.5GB

メディア系が32.3GBも溜まってました。音楽は良く聞くものでしたし電子書籍は見てない物以外は別の機会に整理しますが今回は写真・動画を整理していきます。

撮り溜めた写真・動画をGoogleフォトで整理

さっそく整理していきます。Googleフォトをスマホにインストールしましょう。

[appbox appstore 962194608 compact][appbox googleplay com.google.android.apps.photos&hl=ja compact]

インストールしてGoogleアカウントでログインします。「バックアップと同期」をオンに、アップロードサイズを選択します。基本は「高画質」でOK。あとは勝手に端末にあった写真を勝手にオンラインにアップロードされます。

Googleフォトにアップした写真を本体容量から削除する手順

Googleフォトの設定→端末の空き容量を増やすをタップ→削除で本体から削除されます。

これだけだとiPhoneの標準写真アプリ内の「最近削除した項目」に移されるだけでまだ残ってます。右上の選択→左下のすべて削除で本体容量から完全に削除されます。

やっぱり写真を元に戻したいという方はこの「最近削除した項目」から復元できます。何もしないと30日で完全に削除されるので注意。

私はこの作業と他アプリにあった写真や電子書籍を断捨離した結果ここまで容量が増えました。

IMG_1659

アプリが110個もあるのでそれでも結構まだ圧迫してますが…。

iPhoneSE購入前にデータ整理をしよう

私は溜まったデータ資産がありますし今回データを整理しても16GBだと厳しいと思ってるので64GBモデルを買いますが、人によっては16GBで事足りる方もいるはず。

ですがiPhoneSEにすると今まであまり写真を撮らなかった人でも結構な頻度で撮るようになったとか結構聞きます(私もiPhoneにしてから写真撮影の頻度が上がりました)。

Googleフォトなら1600万画素の写真・フルHDの動画は無制限でクラウドに保存できますし、AndroidからiPhoneに機種変したときも苦労せずに写真を移行することができます。

iPhoneSE購入前に写真や動画の整理することをオススメします。

広告
sinplicityのレグメンタル(大)

シェアする

広告
sinplicityのレグメンタル(大)