Google I/O2016まとめ。Google Assistant、Allo、Duo、Android Wear2.0など

遅くなりましたがGoogle I/O2016のまとめです。開発者向けイベントですがある程度理解出来れば今後Googleがどんなサービスを出してくれるかがわかります。個人的にはChromeOSのAndroidアプリ対応に大注目。

広告
sinplicityのレグメンタル(大)

Google I/O 2016で発表されたサービス

検索エンジンやAndroidなどインターネット関連のサービスを提供している皆様お馴染みのGoogle。I/OはGoogleサービスの開発者向けのイベントです。

Webサービスの会社なので発表はAndroidなどのソフトだけに限らず多種多様。Googleってこんな事もやってたの?と思う事もしばしば。私もGoogleが手がけていて知らないサービスが結構あります。

発表された物が余りにも多いので日本展開しそうで恩恵受けれそうなサービスをいくつかピックアップしてまとめました。

Google Assistant

対話型音声パーソナルアシスタントです。AppleのSiriやマイクロソフトのCortanaなんかが有名ですよね。

従来のGoogle NOWとの最大の違いは前後の文脈を理解できること。例えば「この映画の監督は?」と聞くと回答してくれるのは今まで通り。続いて「その人の他の作品は?」と聞くと監督名を言わずとも他の作品を表示してくれます。より賢くなった感じ。

この機能はAndroidスマホ・Android Wearなど複数デバイスで展開予定。サービス開始時期は未定。

メッセージアプリ「Allo」

LINEやFacebookメッセンジャーの様なメッセージアプリ。Googleは既にハングアウトを出してますが違いは前期のGoogle Assistantを搭載してるのが最大の特徴。

会話の内容を把握して文脈にあった返信メッセージを自動生成してくれだりします。使ってる人の文脈の癖を学習して返信文を考えてくれます。Google Assistantとチャットも可能。

ビデオ通話アプリ「Duo」

基本的な操作は他のビデオチャットアプリと同等ですが、回線速度が遅い環境下でも720p解像度でビデオ通話が可能だとか。WiFiとモバイル回線の切り替えもシームレス。日本の格安SIMユーザーはこれだけでも嬉しいかもですね。

面白かったのが「knock knock」という機能。ドアノック時の覗き穴みたいな機能でビデオ通話着信が入ると相手の様子が確認できるというもの。

なおAppleのFaceTime同様複数人のビデオ通話は非対応です。DuoとメッセージアプリAlloはAndroid&iOS版共に今夏リリース予定。ハングアウトは継続されますが廃れてきそう…。

Android Wear 2.0

Googleのスマートウォッチ用OS「Android Wear」がリリース後初の大型アップデート。フィットネス機能強化や新UI・新通知機能で使いやすくなりました。

注目したのが新キーボードの追加。今までは決められた返信文や音声入力くらいでしたが2.0からはスワイプキーボードや手書き入力にも対応。

あと今まではペアリングしたスマホなしでAndroid Wear単体でアプリのフル機能が動作可能になります。BTやWi-Fi・SIMカードが使えるものならモバイル回線でも直接インターネットアクセスが可能。

ChromeOSのGoogle Play対応

Googleが手がけるもう一つのOS「ChromeOS」。私もこのOSを搭載したChromeBook Flipを利用中です。

ChromeOS用Webアプリは数が他OSと比べ少なかったのですが今回のイベントでAndroidアプリがChromeOSに対応することが発表されました。

今でも動かす事は可能なのですがあくまで開発者向けという事で動作可能なアプリは1つまで、Android端末が必要など不完全でしたが今度からは正式に利用可能。提供開始時期は未定ですが詳細は数カ月以内にはリリースされる様です。

Android Wearは注目してるけど今一購入に至らないガジェット

Android Wearは今回のアップデートでより使いやすくなった感じですね。単独利用でもインターネット接続できるという点は昔見たSFみたいな事が出来そう。その世界はもう近くまで来てるんだと感心。

ただウェアラブル端末はガジェオタの私としては買ってみたいんですがイマイチ購入には至ってません。一番の理由が革新的な機能が未だにない事。

「この機能があるから買います」的なものが無いんですよね。Apple Watchもそうなんですけ使える機能としてはライフログ・時計(当然)・通知くらいです。単体ネット通信が可能になるとはいえぶっちゃけスマホだけでどれも可能な機能ばかり。

価格も安いモノじゃないので少なくともまだ買える段階じゃないなっていうのが私の本音。買うとしたらmoto 360かなと思ってます。デザインが一番アナログ時計チックで持っててカッコよさそうなのが理由。

林檎信者ですけど私Apple Watchはあまり唆られません。値段が高いですしAndroidもiOSもペアリングできるAndroid Wearの方が凡庸性はありそうなので…。

ChromeOSのAndroidアプリ対応に注目

他にもAndroidOS Nのβ版配布・URLをクリックするだけでアプリの一部機能を使えるInstant Apps・VRヘッドセットのDaydream・スタイリッシュな加湿器みたいなデザインのスマートホーム用ガジェットGoogle Homeの発表なんかがありました。

今回のイベントで大注目なのがChrome OSのAndroidアプリ正式対応。何故か大して話題になってませんが私には不思議に思えます。正直WindowsやMacを脅かしそうな可能性あるのに。

ChromeOSはChromeブラウザしか動かせない代わり低スペックでも快適に動くPC。弱点は周辺機器との相性やアプリぐらいでしたが豊富なアプリがあるGoogle Play対応でその弱点がなくなります。低スペック故に価格も3万円台で購入可能。

関連::ChromeBookってどんなPC?メリット・デメリットのまとめ

ますは6月に3機種が対応予定。エイサーのR11は日本未発売・pixelはChromeBookの中でも高性能ですが高価格。今ChromeBookを買うならChromeBook Flipがベストです。対応予定の機種一覧は以下のリンクでご確認下さい。

参照(英文):Chromebooks that support Android apps

ChromeBook Flip良いですよ。890gの軽量さとタブレットにもなる2in1スタイルは色々な場面で活躍すること間違いありません。Androidアプリ対応になったらますます便利に使えそうです。

メッセージアプリAlloやビデオ通話アプリDuoは他サービスとの違いがどう評価されるのかが気になります。私は低速でも十分機能するDuoに期待。Android Nはマルチウィンドウ対応予定なのでますますAndroidが使いやすくなりそうですね。

広告
sinplicityのレグメンタル(大)

シェアする

広告
sinplicityのレグメンタル(大)