mineoプリペイド契約しました。開通〜設定と速度チェック

更新が2ヶ月ストップしてました…。プライベートでゴタゴタしてた為です。以上言い訳。
さて、久しぶりの記事はau系格安SIMのmineoをプリペイド契約したのでレビュー。設定方法や速度など。

広告
sinplicityのレグメンタル(大)

mineoプリペイドを契約しました

契約した、と言っても雑誌の付録で付いてきたものです。通常1GB使い切りで3200円、私が入手したのは500MBで1500円。

格安SIM・格安スマホを知りたい方はお試しで買ってみるのも良いです。

開通〜設定まで

早速設定してみました。難しそうと思われがちですが一度覚えれば非常に簡単です。

開通作業

早速SIMをスマホに差し込みましょう。

SIMサイズはナノSIMでした。手持ちのスマホがマイクロSIMの方はアダプターを使って差し込みましょう。

専用ダイヤル(186-0120-984-696)に電話。ご利用番号とパスコードを入力で開通します。

APN(アクセスポイント)の設定

APNというのはいわばインターネットの接続先。キャリア(ドコモとかauとか)のスマホにはあらかじめ入ってますが格安SIMは手入力しないとネットに繋がりません。

設定→モバイルネットワーク→アクセスポイント名で以下を入力して保存しましょう。スマホによって名称が多少違いますが「アクセスポイント」と言う設定項目があればOK。

APN:mineo.jp

ユーザー名:mineo@k-opti.com

パスワード:mineo

認証タイプ:CHAPを選択

これで無事ネットに繋がりました。

通信速度

肝心の通信速度を計測してみました。mineoのSIMが入ったスマホからテザリングで電波を飛ばし、iPhoneから計測。

時刻は17時頃。自宅(埼玉県)で計測しました。下り(ダウンロード)8.21Mbp。

もう一度。下り4.81Mbpsとまずまずの速度。


計測した後簡単にネットサーフィン・標準画質の動画をみてみましたが普段使う分なら問題なく使えるレベルです。混み合う昼や週末、人が混み合う場所で計測してないのでなんとも言えませんが。

プリペイドで試してみて問題なく使えるのであれば月額制への移行もできます。事務手数料もかからないので格安SIMを検討してる方はまずはプリペイドで試してみるのも良いですよ。

広告
sinplicityのレグメンタル(大)

シェアする

広告
sinplicityのレグメンタル(大)