Apple PayのSuicaチャージ用のオススメカードはどれ?→オートチャージ不要ならLINE Payカードが最強

Apple PayのSuicaへのチャージ用のカードはLINE Payカードがオススメです。プリペイドカードなので補償が弱かったりオートチャージ不可だったりしますがポイントの貯まりやすさは抜群。

広告
sinplicityのレグメンタル(大)

Apple PayのSuicaチャージで最もお得なカード

あけましておめでとうございます(もう2月中旬)。更新を2ヶ月も怠り申し訳ありませんでしたが、2017年も林檎信者どっとこむをどうぞよろしくお願いいたします。

今年一発目の投稿はApple PayのSuicaの話題です。昨年10月からiPhoneでもモバイルSuicaが使えるようになり、私も11月にiPhone7を購入して便利に使ってます。

で、色んなブログで「Apple PayのモバイルSuicaを使うのにお得・便利なのはビューカードだ」という記事を見かけますが個人的にはLINE Payカードが最強だという結論に達してます。

関連:モバイルSuicaはLINEペイカードのポイント付与対象! 最強の組み合わせ完成

LINE PayカードからのSuicaチャージは可能。ポイントも2%付く

これに尽きます。確かにビューカードのオートチャージは便利ですが、ポイントの付きやすさと天秤にかけたらLINE PayカードからSuicaチャージした方がメリットが大きいと判断。100円で2LINEポイントがつくのは神です。

Android版モバイルSuicaではチャージ用カードを登録すると年会費が発生してましたがApple Payでは無料。溜まったポイントはLINE Pay残高に1ポイント1円でチャージできますしLINEスタンプなんかも買えます。

レートは若干下がりますがJALマイルや他社ポイントへ移行も可能。交換できるポイントの種類はLINEポイント交換先にPonta・Amazonギフト・nanaco追加。最強のポイントサービスかもをどうぞ。

Suicaオートチャージ不可のデメリットはLINE Payカードへのオートチャージで補う

モバイルSuicaにオートチャージできるのはビューカードだけなので、LINE Payカード含む他カードはWALLETアプリ内やSuicaアプリ内でその都度チャージする必要があります。

LINE Payカードはプリペイド(前払い)なのでLINE Payの残高が不足してる場合当然ですがSuicaチャージでエラーになります。つまり二重にチャージする必要があります。

私はSuicaチャージ以外だとスーパーなんかでよく利用するので、1000円以下になったら5000円オートチャージされるように設定してます。LINE Pay内のチャージをタップ→オートチャージで設定できます。

チャージ用の銀行口座を設定しておく必要がありますが、設定自体はものの5分でできます。ゆうちょ含む大手銀行や地方銀行も対応してるのでどこかしら登録はできるはずです。2017年2月15日現在の対応銀行一覧はこちら。

ゆうちょ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行・横浜銀行・伊予銀行・滋賀銀行・百五銀行・福岡銀行・親和銀行・秋田銀行・十六銀行・熊本銀行・千葉銀行・北洋銀行・八十二銀行・鳥取銀行

LINE Payカードはローソンやファミマなどのコンビニでも入手可能ですがカードデザインを選べません。郵送に1週間ほどかかりますが以下リンクから申し込むと300円残高が入った状態で届きます。

公式:LINE Pay カード招待キャンペーン
広告
sinplicityのレグメンタル(大)

シェアする

広告
sinplicityのレグメンタル(大)