レガシーキャリアとLCCの違い。各種サービスは有料だかフライトは満足

流行りの格安航空会社(LCC)のフライト体験をしてきたのでレポート。JALやANA等のレガシーキャリアでは当たり前な各種アメニティや座席指定は別料金ですが、フライト自体は満足。航空券を節約して現地で贅沢しましょう。

広告
sinplicityのレグメンタル(大)

レガシーキャリアと格安航空会社の違い

現在世界中にたくさんある航空会社。大きく分けるとレガシーキャリア(JALとかANAとか)とLCCと呼ばれる格安航空会社に分類されます。スマホで例えると前者がドコモ・後者がLINEモバイルみたいな。

LCCはいわば航空業界の格安SIMみたいなものです。レガシーキャリアと違い、マイルは基本貯まりませんし、席指定やフライト中のWi-Fiなどのサービスは有料だったりします。その代わり航空券は激安。

先日初めて格安航空会社を使ったのでレポします。結論から言うと短いフライトであれば十分快適な空の旅になりますし、高くつく旅コストも大幅カットできます。使ったのは今回は成田→大阪なのでエクスペディアでヒットしたジェットスター。

ジェットスターは成田空港第3ターミナル。実質の最寄駅は空港第2ビル駅

成田空港は現在3つ発着するターミナルがあります。主にレガシーキャリア向けの第1・2ターミナルと最近出来たLCC専用の第3ターミナル。私は成田まで電車を乗り継ぎ向かった次第です。自宅は埼玉なので片道2時間2000円…。

成田空港の駅は2つあり、第1ターミナルの最寄駅が「成田空港駅」。第2ターミナルは「空港第2ビル駅」。一方第3ターミナルは「空港第2ビル駅」を降りて第2ターミナルを素通りして向かう感じ。

私は事前に軽く調べてたので初見殺しされませんでしたが、何も知らずに行くと確実に降りる駅を間違えそう。駅名からして意味不明すぎです。

ジェットスターのチェックインからフライトまでの流れ

と、言うわけで空港第2ビル駅を下車。案内板通り進みます

第2ターミナルから第3ターミナルは10分ぐらい歩きます。時間に余裕を持って行きましょう

第3ターミナルに着きました

ジェットスター国内線はDがチェックインカウンター。Webでも出来ますが手荷物重量が気になったのでカウンターでチェックインしました。

成田空港ではフリーWi-Fiが飛んでます。接続→はい連打で即繋がります。セキュリティなしなのでビジネスなやり取りでは使わないようにしましょう。速度は上々

LCC旅行保険の看板。私は楽天プレミアムカードを持ってるので不要

成田空港の自動販売機。電子マネーフル対応してました。流石です

セキュリティチェックを終えていざ出発ロビーへ

無機質な雰囲気の出発ロビー。ソファーは無印良品製だそう

搭乗。ブランケットなどのアメニティ一切なしの座席

ゆったりとは言い難いですが十分な広さです

機内販売のメニューを見てみたら変なものが。マントになるブランケットが売られてます。謎

では、飛びます

上昇中。どうも私はこの機体が揺れる時間が瞬間が好きになれない(若干高所恐怖症)

フライト中は事前にダウンロードしたKindleを楽しみました

あっという間に関西空港着。当日は雨模様でした

短いフライトならLCCで全く問題なし

格安航空会社は運行スケジュールか結構タイトなので遅れやすいそう(実際帰りの便は全便との運転間隔調整で20分ほど遅れました)。安全性はレガシーキャリアと何ら代わりないのでそこは安心して下さい。

私としては安く乗れて大満足のフライトでした。流石にあの座席シートに何時間も乗る気はおきませんが1時間半ほどなら許容範囲内。片道5千円なので浮いたお金は現地での贅沢に当てました(お好み焼き食べただけですが)。

旅の目的にもよりますが、各自好みの航空会社を選べる良い時代になりました。ぜひ一度乗り心地を確かめに成田空港へ行ってみて下さい。航空券は場合によってはホテル代全額タダになるエクスペディアが鉄板。

この後メールチェックなどをしたかったので、初めて空港ラウンジなるものも体験しました。続きは次回の記事で。

広告
sinplicityのレグメンタル(大)

シェアする

広告
sinplicityのレグメンタル(大)