楽天モバイルがローミングの7割終了を発表【不安解消の代替案あり】

スポンサーリンク
楽天モバイル

こんにちは、やまです。
楽天モバイルをメイン回線にしており、今現在大きな不満なく使ってます。

先日、このようなニュースがありました。

楽天モバイル株式会社は、携帯キャリアサービス「楽天モバイル」の提供に関して、自社回線によるサービスエリアの拡大に伴い、国内のパートナー回線エリアを自社回線によるサービス提供へ切り替えてまいります。

パートナー回線エリアから楽天回線エリアへの切り替えについて

この記事では、以下の事を書いてます。

  • このニュースの詳細
  • ローミングが終了するとどうなるか
  • 不安解消の代替案

サクッと読めるように頑張ってますので少しの間だけお付き合いくださいm(_ _)m

スポンサーリンク

楽天モバイルがローミング7割終了を発表【23都道府県】

ここでの解説は以下の通り。

  1. ローミング終了する地域と開始時期
  2. そもそもローミングって?
  3. ローミング終了すると起こる事

①ローミング終了する地域と開始次期

以下、楽天モバイルからの引用です。

2020年4月1日より順次切り替え
東京都

2020年10月1日より順次切り替え中
大阪府、奈良県

2021年4月1日より順次切り替え中
宮城県、埼玉県、千葉県、神奈川県、新潟県、静岡県、愛知県、滋賀県、京都府、兵庫県、広島県、愛媛県、福岡県

2021年10月1日より順次切り替え中
北海道、青森県、秋田県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、富山県、石川県、福井県、長野県、岐阜県、三重県、鳥取県、岡山県、山口県、徳島県、香川県、佐賀県、熊本県、大分県、宮崎県、沖縄県

一応もう切り替え中の地域もあるみたいですが、切り替えが完璧に完了するのは2023年3月末とかなので、気づいたら終了してたと言うレベルですかね。

②そもそもローミングって?

楽天モバイルのエリア外でも通信できる様に、提携してる別のキャリアの通信網を利用できる機能のこと。

楽天モバイルはKDDI(au)とローミング契約しており、パートナー回線と呼んでますね。

③ローミング終了すると起こる事

楽天モバイル回線のエリア内でも「繋がらない、圏外になる」なんて事が起こりえます。

と、言うのも

  • 楽天モバイルの電波は2Ghzの周波数帯
  • 楽天回線エリアは全て上記の周波数
  • この周波数はビル影や地下等に浸透しない特性がある

こう言った事情があるのです。
なので「地下鉄に乗ったら圏外」という他キャリアならまず無い事が普通にありえます。

今まではauローミングで補完してたんですが今後これが使えなくなります。その為ローミングが終了したら圏外が多発する可能性があるのです。
※auから借りてる周波数は800Mhzと浸透しやすい電波です

一応、今回のアナウンスをよく見ると小さく以下の中略があるので大丈夫かと思いますが。

※地下鉄、地下街、トンネル、屋内施設や観光名所等の一部地域は、上記エリアでもローミングサービスを提供しているエリアがございます。

楽天モバイル ローミング終了の不安を解消する方法

とは言え、今現在でも場所によってはマジで繋がらない時がある楽天モバイル。
あと2年で完璧になるとは100%言い切れません。

携帯事業に参入した当初のソフトバンクも、アンテナは立ってるのに繋がらない…ということがありましたしね。

そこでこの不安を解消する方法を提案したいと思います。

解消手段:サブの回線契約をする

本末転倒な提案ですが、

  • 基本は楽天モバイルをメインに使う
  • 繋がりづらい場所ではサブ回線を使ってエリアの補完をする

というのが割と現実的な解消手段かなと思います。

XS・XR以降のiPhoneはデュアルSIMなので、楽天モバイルにプラスもう1つ回線を追加可能。
エリアごとに使い分けると言う運用方法が取れます。

実際の私の運用方法

  • スマホ:iPhone12mini
  • メイン回線:楽天モバイル
  • サブ回線:LINEモバイル(ソフトバンク回線)

上記の感じで使ってます。

ただLINEモバイルはAPNプロファイルを入れないとデータ通信できません。

APNプロファイル入れるとMNOである楽天モバイルでデータ通信ができなくなる(圏外表示になる)のがどうやらiPhoneの仕様のようです。

通話自体はフツーにできるので、連絡が全く取れなくなる、という事は無いのでまあ良いかなと思ってます。

ちなみに、LINEモバイルは既存契約者向けに月500MB未満の通信なら月額0円というキャンペーンを行ってます。

実際は楽天モバイルだけの契約と同額で維持できてます。
※楽天モバイルも、私の場合昨年の一年無料キャンペーンが残ってるので、今月末まで携帯代月額タダです。

サブ回線にオススメなのは「povo2.0」「IIJmio データプランゼロ」

povoやIIJmioには基本料が格安で、データ通信はその都度チャージする感じの料金プランなので、今回の運用方法にぴったりかなと思います。

povoやIIJmioデータプランゼロはAPN設定不要で使えるので、私のようにその都度APNプロファイルをダウンロードして切り替える必要がありません。

povo2.0とIIJmio データプランゼロの比較

povo2.0 IIJmio データゼロプラン
基本料金 0円 165円
1GB追加 390円 330円

ただIIJmioはデータチャージするまでそもそも通信自体不可、povoは128kbps通信はできますがチャージした1GBは7日間の使用期限があるので注意。

この辺はライフスタイルに合わせて、と言った感じ。
個人的にはチャージしたデータ容量の使用期限が当月末のIIJmioの方が良いかなと思います。
>>povo2.0
>>IIJmio esim データプランゼロ

それでも楽天モバイルに大きな不満ない話【個人的感想】

新規参入したばかりなので、ドコモやau・ソフトバンクの様に全国どこでも繋がるという保証は無いのは当たり前です。私は一年前それを理解した上で契約しました。圏外になる場所もあることも想定内です。

iPhoneが正式に楽天回線対応になってから生活圏すべてが楽天エリア内で使えてますし圏外になることもまれにあるとは言え、特に大きな不満はありません。

使った分だけ支払う料金プランもわかりやすく、殆どの人のニーズに答える料金設定になっていて、こと料金関係に関しては満点です。私のようなヘビーユーザーでもデータ無制限に使えて月額3278円。

まだ試してない方は下記リンクからどうぞ。
初期費用は無料、基本料金も3ヶ月無料、解約料も無料です。試すだけでも価値あると思います。
>>楽天モバイル

タイトルとURLをコピーしました