【神】Xiaomi Mi band4を3ヶ月使った感想【Apple Watchと比較】

スポンサーリンク
Apple

ブログをご覧の皆さんこんにちは、「林檎信者どっとこむ」のやまです。

初めてiPhoneを購入してから7年経ちました。
「Appleの素晴らしさをもっと世に広めたい」と言う謎の使命感から、携帯販売員に転職も経験しました。

この記事に辿り着いた方は、この様な疑問を持ってるはず。

  • 健康状態のトラッキングをしたい
  • なので、スマートウォッチを検討してる
  • iPhoneユーザなのでApple Watchにしたいけど、高い

林檎信者な私も上記の悩みを持ってまして、色々考えてたどり着いたのは「XiaomiのMi Band4」の購入でした。

購入してから3ヶ月経過したのでその感想をどうぞ。
結論から言うと「買い」の製品だと思います。

スポンサーリンク

Xiaomi Mi band4を3ヶ月使った感想

Apple WatchよりMi Band4の方が、スマートウォッチ初心者に適してると思います。

理由は2つあって、①必要最低限ながら機能的に問題ないから②圧倒的に安い、です。

理由①:必要最低限の機能【Apple Watchと比較した】

ちょっと長めですが、表にまとめました。

Mi Band4とApple Watchの比較
Mi Band4 Apple Watch
時刻の確認
ストップウォッチ
タイマー
アラーム
文字盤の変更
通知の確認
運動トラッキング
ヘルスケア機能
(万歩計・心拍数測定)
天気の確認
決済機能 ×
電話を直接かける・応答 ×
LINEの直接返信 ×
スマホ無しで音楽を聞く ×
カメラのシャッターリモコン ×
音声アシスタント ×
モバイル通信 ×

ざっくりまとめると、以下です。

  • 時計の機能、文字盤の変更、電話やLINEなどの通知、健康トラッキングなどは共通
  • Apple Watchは上記に加え、決済機能、直接電話やメッセージの返信が可能など、単独でも使える様に作られてる

確かにあれば便利な機能ばかりだけど、スマートウォッチのコア機能である「時計」「健康トラッキング」があれば十分だと思うんですけどね。

理由②:【激安】Mi Band4が圧倒的に安い!

そういった、スマートウォッチのコア機能に絞った結果、価格差が凄い事に。

  • Apple Watch(29800円〜)
  • Mi band4(Amazonで4000円ほど)

桁ひとつ間違えてない?と言う位、安すぎワロタ状態です。

Mi Band4購入の決め手:睡眠トラッキング機能

Apple Watchには無くて、Mi Band4にだけある機能があり、それは「睡眠トラッキング機能」です。

私は睡眠の質向上に興味があり、まずは「睡眠時間の計測が出来れば良いな」と思ったのですが、Apple Watchにはその機能はなし。Mi Band4にはあったのをHPで知りました。

たまに入眠時間がズレたりもしますが、概ね計測出来てます。
※Apple Watchの最新OSから、睡眠時間トラッキング機能が追加されました。それでもコスパ的にはMi bandに軍配。

残念な所:充電する際バンドを外す必要あり

満足してるMi band4ですが一つだけ残念な点あり、それは充電する際バンドを外す必要がある事。

充電の様子は写真の通り。製品設計の時、改良を何故しなかったのだろうかちょっと疑問。

とは言え、Mi Band4は最長20日なので、私の場合2週間に一度の我慢と思い諦めてます。
※後継機のMi band5では改善されてました。

ここまでまとめ:スマートウォッチ買うなら、Mi Band4で十分

必須の機能はしっかり抑えてて、4000円の超低価格で買えるのですから、スマートウォッチを買うならMi Band4一択かなと思います。

Xiaomi Mi band4の購入リンク

※Amazonなら、早いと翌日届くので、買うならAmazonですね。サクッとポチって明日から使い始めて健康的になりましょう。

Apple watchに、思うこと

ここからは、ひとりの林檎信者によるオピニオンなので、興味ない方はそのまま記事を閉じて大丈夫です。

Mi band4が素晴らしすぎて、Apple Watchに思う事が3つあるので、それを書いていきます。

Apple Watch発表までのストーリーは、素晴らしい

詳しくは、結構昔の記事ですが下記をどうぞ。
>>スティーブ・ジョブズはなぜ、ティム・クックの肝臓を拒否したか

記事を要約すると、Apple Watch誕生まではこんなストーリーがありました。

  1. ジョブスCEO(当時)に癌が見つかる
  2. クック現CEOが臓器提供の申し出
  3. ジョブス、クックCEOの申し出を拒否
  4. ジョブス元CEO死去
  5. クックCEO、臓器提供出来なかった事を後悔
  6. クックCEO健康事業に支援
  7. Apple Watch誕生

初代Apple Watchが発表された時は知らなかったのですが、今思えばこう言う想いが込められての「ワンモアシング」だったのかなあと、心揺さぶられる感じがします。

スマートウォッチに多機能は不要論

ストーリーや製品自体は凄い良いんですが、スマートウォッチにそこまでの機能は要らないんじゃないかと思います。

例えばApple Watchはメールの内容を直接見たり簡単な返信も出来たりしますが、それならスマホの方が画面大きく見やすいです。

何よりLINEの返信も出来てしまうので、常に身につけている腕時計に振り回される感じがします。
これって結構疲れると思うんですよね。

昔、夢見た「腕時計であんなことやこんな事が出来る」と言うのがあります。確かに映画の世界見たいでロマンがあり、ワクワクはしますね。

実際の所はスマホが誕生した後ではあまり感動はないです。

もっと健康に特化したApple watchが欲しい

Apple Payやメッセージの簡単な返信などの機能は省いて、Mi bandくらい健康トラッキングに特化したApple Watchが出たら買うのに、と私は思ってます。

Appleは安価版の製品でも、基本性能はフラッグシップ同様の傾向があるので問題なし。

機能特化+1週間電池持つとかなら爆売れすると思うのですが、どうでしょう。

この記事を書いてる当日、新型Apple Watchが発表される見込み。安価版も発表されるのではと言う噂もあるので、密かに期待してます。

※追記:安価版の「Apple Watch SE」が出ましたが、結局はseries5の改良版でしたね。電池持ちは1日だけですし、少し残念。

タイトルとURLをコピーしました